生活空間における金属製品、機能や安全性だけでなく住む人の感性に触れ、充実感や信頼性をも与えるインテリア・エクステリアは、金属材料の本来の特質である機械的性質・物理的性質以外の特性も求められています。金属製品の成形法、表面処理法などの技術は、優れたデザイナーの意図するところを表現するメディアでもあります。

身近な装飾品には、ステンレス鋼や特殊合金の質感がいつの間にか歓迎される様になりました。これらの材料は比較的高価であるばかりでなく、加工性もあまり良いとはいえません。材料の加工性の改善、歩留りの向上など、この種の材料に関する課題は今後ととも尽きる事はないでしょう。